過去視で変える明日の運命へのアドバイスが欲しいなら電話占いだと思う

この記事の所要時間: 127

温故知新という言葉があります。古いことを学ぶことで新しいことを知るという意味ですね。過去を振り返り、学ぶことで新しいことに対応していこうという古代中国のことわざです。過去視というものをご存じでしょうか。読んで字のごとく、過去を見ることです。マンガとドラマで有名になったサイコメトリーもその一種です。

モノに残った思念から過去の映像を読み取っていました。見る人によってやり方は違いますが、過去視ができる人は何らかのきっかけを使って過去を見ます。そして、その人の人生の何かを変えるきっかけになった出来事を見て、そこから読み取れる現在の状況やこれからの方向を占います。

例えば、今まで仕事がうまくいかなかった理由は、同じような失敗をしていたからだ。ということが過去視をすることでわかったりします。さらに、同じような失敗をする原因を探り、そこを変えます。自分でも過去を振り返ることができると思うかも知れませんが、他人に見てもらうことで、自分では気付かなかったことに気づくことができます。

自分の努力不足で失敗していると思っていた所が、実は努力だけではなく運勢も大きな理由だということが判明することが多いです。運勢が悪かったため思わぬトラブルを呼びこんでしまっていて、結果としていつも失敗していたんだ。ということがわかることがあります。

過去視で変える明日の運命へのアドバイスが欲しいなら電話占いだと思う

そこまでわかったら、運勢を変える努力をしましょう。例えば、仕事で重要な事がある時は、その日の運勢にあった服を着たり、ちょっとした工夫をするだけで流れは変わってくるものです。運勢の流れが良くなると、今まで苦労してきた経験や努力が一斉に実ります。この瞬間はとても気持ちいいですよ。

頑張ってください。